香港ディズニーランドの魅力とは?

香港ディズニーランドと言えば、開園当初は大きな話題を呼びました。中国の人たちが集まる場所ということでトイレ問題なども取り沙汰されましたし、並ばない人たちも多くてストレスが溜まるなどということも話題になりましたね。ここでは、そんな香港ディズニーランドについて紹介します。

◆ディズニーランドのルールは厳しい!
確かに、香港ディズニーランドが開園した当初はトイレなどの問題が話題になりましたが、実際にはディズニーランドのルールが適用されますので、少なくとも香港ディズニーランドで不快な光景を見る事はまずありません。というのは、トイレの問題や並ばないという問題を抱えているのは中国本土であり、香港では無いのです。香港や台湾は比較的文明化していますので、中国本土ほど「マナーがなっていない」と感じる事はまずないでしょう。
その一方で、中国本土の人たちが並ばずに飲み物を購入しようとする、などという景色は確かに見かけます。しかしここはディズニーランドスピリットが生きていますので、スタッフから「並んでください」と何度も注意を受けます。並ばずにものを購入しようとしたとしても、実際には購入させてもらえません。そのため、ディズニーランドスピリットは確かに生きており、そこまでマナー違反により不快な思いをするという心配はまず無いのです。

◆名称が違うアトラクション
日本のディズニーランドではスペースマウンテンやビックサンダーマウンテンなどという名前で大きなアトラクションが知られていますが、香港ディズニーランドではこれらの名前が異なります。スペースマウンテンはスペースハイパーマウンテンと言われていますし、ビックサンダーマウンテンはビックグリズリーマウンテンと呼ばれます。スプラッシュマウンテンに相当するものは香港ディズニーランドにはありません。
また、ホーンテッドマンションはミスティックマナーという名前になっています。というのは、中国は全体に怪談や幽霊に免疫がなく、例えば、中国には香港映画を除き、ホラー映画は存在しません。そして幽霊などは極めて恐ろしいものだと考えられているため、ホーンテッドマンションが存在しないのではないかと考えられています。そのかわり、世界のミステリーを利用したアトラクションがミスティックマナーなので、歴史が好きなどという人には特に楽しめるアトラクションになっています。

◆平日ならばほとんど並ばないでも良い
日本のディズニーランドと言えば、特に3大マウンテンは3時間から4時間待たなければ乗れない、と思っている人も多いのではないでしょうか。香港ディズニーランドは日本のディズニーランドの2分の1から3分の1程度の規模のため、そもそもお客さんが少ないということが挙げられますが、日本ほど並ぶ必要がありません。
もしも中国の平日にディズニーランドに行けば、ハイパースペースマウンテンやビックグリズリーマウンテンにほとんど並ばないで乗ることも可能です。何度も繰り返して乗ることもできますので、日本ではできないような経験ができます。香港ディズニーランドでビックグリズリーマウンテンやハイパースペースマウンテンに何度も何度も乗った場合、もう日本の3大マウンテンに3時間4時間かけて1回乗る、という経験はできないかもしれませんよ?

飛行機の超過荷物はどうする?いくら払えばいいの?

最近はグローバル化が進み、外国で生活する人や外国に旅行する人などがとにかく増えましたよね。もしも外国で生活をする場合、海外に引っ越しということになりますのでそれなりに荷物が多くなり、大変だと感じる人も多いのではないでしょうか。
飛行機に乗るときには荷物の制限がありますが、その荷物が制限を超えたとしても、お金を払えば問題ありません。しかし、実は航空会社の超過荷物に対しては、2種類のシステムがありますので覚えておきたいものです。

◆何キロから何キロまではいくら、というシステム
日本の航空会社等はこのようなシステムを採用していることが多いです。例えば、荷物が超過した場合、その重さが何キロから何キロまでの重さの超過であればいくら払えば良い、というシステムです。
つまり、重さの基準が23キロまでだとするならば、たとえスーツケースが24キロであっても30キロであっても同じ金額を支払うということになります。一般的には100ドル程度のことが多く、日本の航空会社の場合は10,000円を設定していることも珍しくありません。例えば、1キロから10キロまでの超過であれば10,000円などという設定になり、荷物が多くてもそこまで高い金額を支払う必要がなくなります。

◆ 1キロ当たりいくら、というシステム
その一方で、少し値段が安い航空会社の場合は1キロ当たりいくら、というシステムを設けています。例えば、1キロ超過した場合は7000円、10キロ超過した場合は70,000円ということになるのです。先程のシステムの場合であれば、10キロ超過したとしても10,000円程度で済みますが、このような1キロ当たりいくらという設定をしている航空会社の場合は10キロ超過してしまうと70,000円支払わなければいけないという結果になります。
そのため、引越し等の都合で荷物が増える場合、1キロ当たりいくらという支払い方をする航空会社ではなく、何キロから何キロまではいくらというシステムを採用している航空会社を選びましょう。もちろん、それによって航空券の値段も変わりますので、簡単に選べるものではないと思う人もいるかもしれません。しかし、1キロ当たりいくらという設定の場合、確かに1キロや2キロの超過であれば問題はありませんが、荷物の量が増えてしまうとそれだけで大金を支払わなければならなくなり、非常に不都合です。

◆オンラインで支払う
最近は、オンラインで超過料金を支払うことも可能になり、事前にクレジットカードで支払っておくと値段が少し安くなるケースもあります。チェックインカウンターで料金を支払うと定価で支払わなければいけないけれど、事前に支払っておけば1割引になるなどということもありますので、どうしても荷物が増えるという場合はオンラインシステムもチェックしておきましょう。
また、いうまでもなく、空港で荷物の重さを計ると家の体重計で測った時よりも重かった、などということがあります。そのため、家の体重計を利用して荷物の重さを測っておく場合は2キロほどの誤差を見ておくと良いでしょう。

赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときは離乳食を忘れずに

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、やはり赤ちゃんの食事が気になりますよね。1歳を過ぎた赤ちゃんであれば大人と同じ食事が食べられるとも言われますが、やはり塩分や糖分、油分が気になるという人もいるのではないでしょうか。ここでは、飛行機に乗る場合の離乳食について紹介します。

◆基本的に持ち込める液体物は100ミリリットル以下
2001年9月11日、ニューヨークの同時多発テロが起こったことにより、世界的にセキュリティーの基準が高くなりました。それにより、飛行機の中には100ミリリットル以下の液体物しか持ち込めないようになっています。それは歯磨き粉や化粧水なども同様であり、セキュリティーチェックを受けた後、空港で購入した飲み物などでない限り、基本的に飛行機の中には液体物を持ち込むことができません。

◆離乳食は例外!
その一方で、実は離乳食は例外です。例えば赤ちゃんに飲ませるものであれば、たとえ液体物であったとしても飛行機の中に持ち込むことが可能です。だからこそ、赤ちゃんを飛行機に乗せるのであれば離乳食を絶対に忘れないようにしなければいけません。
ベビーフードであれば、まず問題なく持ち込みができます。例えば、レトルト等は客室乗務員に言えば温めてもらえますので、赤ちゃんがレトルトを好んで食べるのであればそれを利用すると良いでしょう。また、赤ちゃん用のジュースやお茶なども持ち込めます。これも100ミリリットル位かと気にする必要はありませんので、赤ちゃんが必要だと思える分を忘れないようにしましょう。
ただし、手作りの場合は持ち込みを断られることもありますので、出来る限り既製品を用意した方が良いです。手作りの場合、何が入っているかわからないため、セキュリティーチェックで引っかかる可能性があります。既製品のものであればまず引っかかる心配はありませんので、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るならば、食べ物やジュース、お菓子などを忘れないようにしたいものです。

◆航空会社からベビーフードが渡される場合も
航空会社によっては、ベビーフードをサービスとして提供してくれることがあります。味はどこの国も同じですが、もしも他の国のブランドのものなどであれば、ぜひ赤ちゃんにも食べさせてあげたいですよね。赤ちゃんの成長過程を見ながら、ぜひ楽しんでください。
ただし、これは本当に航空会社によりますし、客室乗務員による場合もあります。だからこそ、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るのであれば、そして赤ちゃんが離乳食を必要とするのであれば、赤ちゃんの食事を忘れないようにする必要があります。

赤ちゃん連れて飛行機に乗るときにはバルクヘッドが大切!

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、特に長時間に渡る場合はそれなりに準備をしていかなければいけませんよね。最近はグローバル化が進んだことにより、赤ちゃんを連れて海外旅行に行くという人も増えました。ここでは、赤ちゃんを連れて快適に過ごすためのバルクヘッドについて紹介します。

◆バルクヘッドを予約する
赤ちゃんを連れているのであれば、バルクヘッドを予約しておきましょう。バルクヘッドというのはその飛行機の空間の1番前の席であり、1番足を伸ばすことができる席でもあります。目の前には壁があり、ここにはバシネットという赤ちゃんのベッドを設置できるようになっているのです。
赤ちゃんを連れた状態で普通の席に座ると、目の前の人が座席を倒した場合に赤ちゃんは非常に狭い状態になってしまいます。赤ちゃんの座席を予約するのであればそこまで影響はありませんが、2歳以下の赤ちゃんには基本的に座席がありません。そのため、赤ちゃんを膝に乗せた状態で一般の席に座ると、前の人が座席を倒せば赤ちゃんが挟まってしまう状態になり、非常に危険です。さらに赤ちゃんを膝に乗せた状態ではトレイテーブルが使えませんから、食事をすることもままなりません。
それに対し、バルクヘッドであれば足元が広いですから、赤ちゃんが挟まってしまうという心配もありませんし、赤ちゃんがもぞもぞ動いても問題ありません。赤ちゃんはじっとしていられないですから、狭い空間ではかわいそうですよね。だからこそ、バルクヘッドを予約しましょう。

◆予約方法は航空会社によって異なる
その一方で、バルクヘッドの予約方法は航空会社によって異なります。航空会社であれば、赤ちゃんがいるというだけで優先的にバルクヘッドを用意してくれることもありますし、お金が一切かからないというケースもあります。しかし、特にコードシェアの場合はどちらの航空会社も「あちらの航空会社に問い合わせてください」というばかりで、なかなか予約ができないということも珍しくありません。
また、航空会社によっては本当にいい加減で、夫婦と赤ちゃんで飛行機に乗る場合に夫婦を引き離すこともあります。というのは、「バルクヘッドは子連れの人優先ですので」と、お母さんと赤ちゃんだけをバルクヘッドに入れ、お父さんを全く違う場所に座らせる、ということもあり得ます。日本の事務所で問い合わせた場合、このような対応を受ける事はまずありませんが、もしも海外で航空会社に問い合わせた場合はこのような対応を受ける可能性もあります。その場合は、スタッフを発券してもらう時やチェックインの時、搭乗前にスタッフに申し出ましょう。赤ちゃん連れで夫婦が別々に座らなければならないとなれば、例えばお母さんは食事をすることもできないですし、トイレに行くこともできません。夫婦の協力が重要です。だからこそ、夫婦で隣同士に座る必要があるのです。

アメリカで化粧品を購入するときに覚えておこう!返品は基本的に可能

女性にとってメイクは非常に大切ですよね。海外に行くと、日本では高額な海外ブランドのメイクなども購入できますから、海外旅行に行くと絶対に化粧品を購入するという人もいるのではないでしょうか。そんな中、行く先によってはファンデーションで悩む人が多いと言われています。ここでは、アメリカにおけるファンデーションについて紹介します。

◆ファンデーションの色がとにかく多い
日本でファンデーションを購入しようとしても、例えばオークルやピンクオークルなど、そこまでの選択肢がないですよね。日本人はどの人も基本的に似たような肌色をしていますから、あまり選択肢がないのです。
しかし、当たり前のように白人や黒人などが揃うアメリカに行くと、そのファンデーションのバリエーションの多さに驚くのではないでしょうか。白人が使えるようなファンデーションもあれば、黒人の人が使って違和感のないファンデーションも売られており、黄色人種である日本人はどのファンデーションを使ったら良いのか全くわからないということがあります。
その一方で、日本のようにテスターが置かれていない場合も多く、一体どんな色が自分の肌色に合うのかさっぱりわからない、購入した結果色が合わなかったらどうしようと悩む女性が多いのです。

プランテルの口コミ

◆開封していても返品可能な場合が多い
しかし、気にする必要はありません。実は、アメリカでは開封済みであったとしても返品できるケースが多く、だからこそ、化粧品などは怖がらずに購入し、肌の色に合わなければまたお店に持ってくれば良いのです。
例えば、アメリカの大手ディスカウントショップであれば、開封済み商品もレシートがあれば90日から180日以内ならば返品可能ということがあります。レシートがなくても30日以内であれば返品できる、などというシステムもあり、日本では考えられない状態になっています。
日本ならば、化粧品の返品はできないですよね。そもそも開封してしまったらお店に持っていっても相手にしてもらえません。しかしアメリカは基本的に返品可能であり、それは消費者が満足しなかった場合の当たり前の権利だとして認識されています。だからこそ、ファンデーションなどの色で悩んだら、「この色が合うかな?」と思えるものを購入し、合わなかったら返品すればよいのです。
また、返品のときには理由を問われることもありません。「返品したいのですが」とお店に持っていけば、「はい、そうですか」とお金を渡されます。だからこそ、レシートだけはなくさないように気をつけましょう。